メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >>2018年4月号のご案内
月刊トークス2018年4月号のご案内 月刊トークス2018年4月号のご案内
聴く!効く!
2018年4月号(第307号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第208号、おかげさまで創刊26年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

2018年4月号をご希望の方は、こちら! →→→この号を購入する
管理職1年目の教科書
★チームの生産性が驚くほど上がる

『管理職1年目の教科書』

櫻田 毅(人材活性ビジネスコーチ)著
東洋経済新報社刊
1,400円(税別)
【キーワード】
◆管理職の役割は「チームの成果の最大化」
◆チームの成果の最大化を「生産性の高いやり方」で実行する
◆あなたと部下の「価値ある人材への成長」
◆迅速に質の高い意思決定を行う
◆必ず仮設を立ててそれを検証する
◆権限委譲によってチームの成果が高まる
◆権限委譲の基本スタンス:やらせてみて、できないところをサポートする
◆誰もがリーダー、誰もがサポーター
楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則
★できる方法を考え抜く

『楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則』

小林史生(コンサルタント)著
日本実業出版社刊
1,450円(税別)
 
【キーワード】
◆目標達成=努力(やり切る力)×努力の工夫(仕方)
◆人間は到底達成しない高さの目標を達成したときに、成長する
◆1回の成功体験が、たくさんの成功体験を生み出す原動力になる
◆楽天社内で普段最も聞く言葉の一つが「因数分解」
◆因数分解とはビジネスを構成している要素をバラバラに分解すること
◆期限を決めて結果が出るまで信じて粛々とやる
◆目標を常に達成する人は、何が起きても達成できるようにプランを立てる
◆時間だけでなく、自分の活動にもバッファ(余裕)を持たせる
声と言葉のプロが教える伝わる話し方
★スピーチ、プレゼン、トークが劇的に変わる

『声と言葉のプロが教える伝わる話し方』

のざき きいこ(株式会社サムスィング代表取締役)著
秀和システム刊
1,300円(税別)
 
【キーワード】
◆声と言葉の使い方は、第一印象の決め手
◆メリハリを「7つの表現スキル」で表現する
◆「間」を上手に使いこなす
◆声に気持ちを込めて表現する
◆聞き手の知識、情報量、聞き手のレベルに合わせて話す
◆説明は、スッキリ、ユックリ、ハッキリ、3つの「リ」で行なう
◆自分の思いを伝えるときに大切なことは、言葉の温度を高めること
◆相手の共感を得るために大切なことは「自信」
最強の優先順位
★スピードと成果が劇的に上がる

『最強の優先順位』

美崎栄一郎(商品開発コンサルタント)著
かんき出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆緊急度と重要度では生産性は上がらない
◆割り込み仕事や些末な仕事があることを前提にして優先順位をつける
◆「今」という時間にその価値を最大化できる仕事を割り振る
◆場所によって時間の価値が変わる(場所によってやるべき仕事が変わる)
◆周りの環境によって時間の価値が変わる
◆時間帯によって時間の価値が変わる
◆体調によって時間の価値が変わる
◆「仕事の分割と集合」でスキマ時間を有効活用する
2018年4月号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 最新号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
毎年内容が変わる限定CD(非売品)もプレゼント!!
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2018年4月号をご希望の方はこちら →→→
2018年4月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2018年5月号は4月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊26年目、第308号です。

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状