メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >> 2014年2月号のご案内
月刊トークス2014年2月号のご案内 月刊トークス2014年2月号のご案内
聴く!効く!
2014年2月号(第257号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第158号です。ありがとうございます。創刊22年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

2014年2月号をご希望の方は、こちら! →→→この号を購入する
男一匹、負けたらあかん
★涙あり笑いあり、「靴下の神様」の創業者魂

『男一匹、負けたらあかん』

越智直正(タビオ株式会社会長)著
日本経営合理化協会刊
9,800円(税別)
【キーワード】
◆靴下問屋での丁稚奉公時に、本を読む習慣を身につける
◆志を立てると、天地の力も加勢してくれ、目標の達成に向かう
◆工場と取引先とわが社の「三者鼎立」の原則を基本に会社を運営
◆着眼大局、着手小局
◆大阪商法の真髄は、「才覚」「算用」「始末」の3つにある
◆商道に言う始末は、物事に一つ一つけじめをつけて、次に進むこと
◆良い時も有頂天にならず、悪い時も落胆しない
◆人生に棄物なし
選ばれる理由
★選ばれるために理由を用意し、伝えよう

『選ばれる理由』

武井則夫(一般社団法人企業価値協会代表理事)著
現代書林刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆私たちは、理由があれば行動する
◆私たちは、意識的にも無意識的にも比較して決めている
◆ウリが伝わらないと、「違いがないなら安い方を選ぼう」という心理が働く
◆社長1人ではなく、関係する全員がウリを理解し共有していることが大切
◆ターゲットを選定し、伝わりやすいメディアを選び、シナリオを創る
◆「それはもしかして私のことでは?」と感じさせる魅力的な表現を使う
◆どの会社にも必ず、お客様の心に響くストーリーがある
◆マーケティング的幽体離脱で自分を見る「もうひとりの自分」をつくる
「売らない」から売れる!
★商売の黄金ルールは「三方よし」

『「売らない」から売れる!』

寺田 元(タオル専門のネットショップを運営するタオルソムリエ)著
日本実業出版社刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆当初の販売不振の原因はインターネットの本質を理解していなかったこと
◆モニターの向こう側には困りごとを抱えている生身の人間がいる
◆タオルの産地で生産工程を学び、サイトの作り方を変える
◆作り手、売り手、買い手の「三方よし」
◆ブランドに必要なものは「新規性」「話題性」「社会性」
◆インターネットは、本質的には「情報を無料で得られるツール」
◆タオルのリユースとタオルの「ミミ」を使った緩衝材でエコ活動
◆「世の中にとって良いこと」を、人は応援したくなる
ズラす!思考
★ヒットする企画とは決して独創的なものではない

『ズラす!思考』

宇佐美清(USAMIブランディング株式会社社長)著
あさ出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆大ヒットした企画はたいてい何気ないアイデアから生まれている
◆天才的なひらめきを持つ人だけが素晴らしいアイデアを授かるわけではない
◆視点をズラしていくことで、視野や発想が広がる
◆人を驚かせ、感動させるアイデアには、ロジックとマジックが必要
◆アイデアに必要な3つの「シキ」。「知識」「意識」「組織」
◆アイデアは1人で練るより、チームで練る方が爆発的に発展する
◆バカバカしいことが、仰天のアイデアになる可能性を秘めている
◆アイデアを絵に描く習慣をつけよう
2014年2月号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 2014年2月号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
毎年内容が変わる限定CD(非売品)もプレゼント!!
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2014年2月号をご希望の方はこちら →→→
2014年2月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2014年3月号は2月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊22年目、第258号です。