メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >>トークスで紹介した山梨広一さんの本
トークスで紹介した山梨広一さんの本 トークスで紹介した山梨広一さんの本
聴く!効く!

 山梨広一さんの本を好きなあなたにとっておきの情報をお伝えします。

 1992年9月創刊の月刊トークスは、毎月4冊のビジネス書を厳選し、
 そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
 1冊当たりの時間は約12分。
 「通勤時間などの移動時間を有効活用できる」
 「オーディオ学習に最適」と
 勉強熱心なビジネスリーダーの間で大好評です。

 ロングセラーを紹介することもありますが、基本的に新刊書を中心に選んでいます。
 山梨広一(マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター)さんの
 『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』は2011年3月号で紹介いたしました。
 キーワードを少しご紹介すると

プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考

 『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』
 東洋経済新報社刊 1,600円(税別)
 【キーワード】
◆プロヴォカティブ・シンキングとは、まず「できる」と思い、
 それからそれを可能にする方法を何でも面白がって考える思考法
◆根底にあるのは論理的思考法。誰でも必ずできるようになる
◆定石の逆張りなど、人と違う情報の見方、捉え方をすること
◆プロヴォカティブ・シンキングの三つの効用
 1.課題を解決する新しいアイデアが生まれやすくなる
 2.閉塞感を打破できることで、人の気分や気の持ちようも変わる
 3.アイデアが生まれる土壌を豊かにする

いかがですか。この2011年3月号を1枚お試しになりませんか?
2011年3月号の詳細をみる

それとも最新号を試してみますか?
CDマガジン【月刊トークス】は毎月、4冊のビジネス書を厳選し、
そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
【月刊トークス】最新号の詳細をみる