メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >>トークスで紹介した長野慶太さんの本
トークスで紹介した長野慶太さんの本 トークスで紹介した長野慶太さんの本
聴く!効く!

 長野慶太さんの本をお好きなあなたにとっておきの情報をお伝えします。

 オーディオブックの草分けといわれる1992年9月創刊の
 CDマガジン【月刊トークス】は、毎月4冊のビジネス書を厳選し、
 そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
 1冊当たりの時間は約12分。
 「通勤時間などの移動時間を有効活用できる」
 「オーディオ学習に最適」と
 勉強熱心な社長の間で大好評です。

 ロングセラーを紹介することもありますが、基本的に新刊書を中心に選んでいます。
 対米進出コンサルタント、長野慶太さんの
 『お客には絶対に謝るな!』は2007年4月号で
 『部下は育てるな!取り替えろ!!』を2007年12月号で紹介いたしました。
 キーワードを少しご紹介すると

部下は育てるな!取り替えろ!!

 『部下は育てるな!取り替えろ!!』
 光文社 952円(税別)
◆野球でもビジネスでも、プロの世界では部下は自分で育つ
◆業績を上げるために、褒める達人になる
◆叱ることは大切だが、それは怒鳴ることではない
◆業務指示を質問形式で行うと、効果が高い
 部下は、自分で口に出した言葉には責任を持とうとするからだ
◆部下を育てる必要はないが、自分は自分で育て続ける必要がある
◆必要なのは「学歴」ではない。本当に大事なものは「学力」だ
◆学力とは、昨日まで知らなかったことを今日吸収する力のことだ


お客には絶対に謝るな!

 『お客には絶対に謝るな!』
 光文社 952円(税別)
◆「すみません」の口癖を、「ありがとうございます」の口癖に変える
◆謝っているだけでは、お客に有効な質問ができない
◆質問スキルは質問をしやすい環境を自身が整えることで向上する
◆「熱意」ではなく、「親切」でお客に接する
◆クロージングをやめて、お客をガイドする案内役に徹する
◆雛形に頼ったどうでもいいような提案書は書くべきではない
◆お客にコミットメント(約束)してもらう
 人間は、自分で表現したものには責任を感じるからだ

 いかがですか。この2007年4月号あるいは12月号を1枚お試しになりませんか?
 ⇒2007年4月号の詳細をみる
 ⇒2007年12月号の詳細をみる

それとも・・・

【月刊トークス】最新号を見てみますか?

 CDマガジン【月刊トークス】は毎月、4冊のビジネス書を厳選し、
 そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
 【月刊トークス】最新号の4冊を見てみますか?⇒【月刊トークス】最新号の詳細をみる

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状