メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >>トークスで紹介した細谷功さんの本
トークスで紹介した細谷功さんの本 トークスで紹介した細谷功さんの本
聴く!効く!

 細谷功さんの本をお好きなあなたにとっておきの情報をお伝えします。

 ビジネス書の要約CD月刊トークスは、毎月4冊のビジネス書を厳選し、
 そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
 1冊当たりの時間は約12分。
 「通勤時間などの移動時間を有効活用できる」
 「オーディオ学習に最適」と
 1992年9月の創刊以来、勉強熱心な社長の間で大好評です。

 ロングセラーを紹介することもありますが、基本的に新刊書を中心に選んでいます。
 クニエ マネージングディレクター、細谷功さんの
 『地頭力を鍛える』を2008年3月号で
 『アナロジー思考』を2011年10月号でご紹介いたしました。
 キーワードを少しご紹介すると

地頭力を鍛える

 『地頭力を鍛える』
 東洋経済新報社 1,600円(税別)
◆「地頭力」固有の要素は三つの思考力
 −「結論から考える」仮説思考力
 −「全体から考える」フレームワーク思考力
 −「単純に考える」 抽象化思考力
◆三つの思考力のベースとなるのが「論理思考力」と「直感力」
◆すべての基礎となるのが知的好奇心
◆問題解決への好奇心(ホワイ型)と知識に対する好奇心(ホワット型)
◆ホワイ型の好奇心をもち自分の力で考えてみるという習慣を付けよう
◆「フェルミ推定」で地頭力を鍛える

アナロジー思考

 『アナロジー思考』
 東洋経済新報社 1,600円(税別)
◆新しいアイデアは「借りてきて組み合わせる」ことで生まれる
◆アナロジー思考とは「類推」、類似のものから推し量るということ
◆「近く」ではなく「遠く」から借りてくれば、アイデアの質も量も広がる
◆斬新なネタは他業界や仕事と関係のない情報源に埋まっている
◆表面的類似と構造的類似。アナロジーに必要なのは構造的類似だ
◆思考力を鍛えるためにはすべての事象を自分に関係させること
◆特殊だと考えると思考は停止する。共通点の方に目を向けよう!
◆共通点が直接なければ抽象化したレベルでの共通点を見つけること

いかがですか。この2008年3月号あるいは2011年10月号をお試しになりませんか?
2008年3月号の詳細をみる
2011年10月号の詳細をみる

それとも・・・

月刊トークス最新号を見てみますか?

 ビジネス書の要約CD月刊トークスは毎月、4冊のビジネス書を厳選し、
 そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。
 月刊トークス最新号の4冊を見てみますか?⇒月刊トークス最新号の詳細をみる

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状