メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >> 2018年1月号のご案内
月刊トークス2018年1月号のご案内 月刊トークス2018年1月号のご案内
聴く!効く!
2018年1月号(第304号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第205号、おかげさまで創刊26年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

2018年1月号をご希望の方は、こちら! →→→2018年1月号を購入する
カルビーお客様相談室
★クレーム客をファンに変える仕組み

『カルビーお客様相談室』

カルビーお客様相談室著
日本実業出版社刊
1,500円(税別)
【キーワード】
◆お客様相談室には、大きくふたつの使命がある
◆お客様に満足いただける対応が、第一の使命
◆第二の使命は、お客様の声をカルビー社内の関連部署へ伝達すること
◆SNSのマイナスの拡散とプラスの拡散
◆お客様の疑問解決につながるサイトの準備がSNS社会では重要
◆お客様相談室は「ファンづくり」を担う部署
◆インナーブランディングで社内に多くのファンを育てる
◆ヘビーユーザーのお客様のいうことは常に正しい
孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン
★高速でコミュニケーションし、相手に即決させる方法

『孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン』

三木雄信(ソフトバンク元社長室長)著
すばる舎刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆10秒以内に決着をつけるには、事前の戦略と準備が不可欠
◆承認をもらえない人は、「情報のレベル」が相手の期待とずれている
◆情報には「DIKW」の4つのレベルがある
◆相手が求めるレベルを伝えれば、一発でOKがもらえる
◆できれば「2段上」のレベルの情報を渡す
◆コミュニケーションするときは、1枚のメモを作る
◆電話は最速のコミュニケーションツール
◆週に一度の定例会議と毎日の朝会を習慣化する
デジタルマーケティングの教科書
★MBAマーケティングの先を読む

『デジタルマーケティングの教科書』

牧田幸裕(信州大学大学院 経済・社会政策科学研究科 准教授)著
東洋経済新報社刊
2,000円(税別)
 
【キーワード】
◆フィリップ・コトラーのマーケティングを従来型マーケティングと定義
◆デジタルマーケティングは従来型マーケティングを進化させたもの
◆テクノロジーは急速に進化するので「きっとできるようになる」で発想する
◆「データドリブン」と「オムニチャネル」
◆消費者理解と消費者へのアプローチをデータに基づいて行う
◆ECチャネルとリアル店舗をシームレスに統合する
◆デジタルマーケティングは「消費者との絆、関係性」で差別化を図る
◆デジタルマーケティングの成否が企業の競争力を決定する
高密度仕事術
★働く時間を減らしながら、成果を高める

『高密度仕事術』

古川武士(習慣化コンサルタント)著
かんき出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆「価値ある仕事とは何か」を定義し優先する
◆退社時間を死守し、早寝早起きで、朝に集中するリズムをつくる
◆処理スピードを高め、かつ仕事の総量を減らす
◆生産性が高いリーダーは仕事の見える化、標準化にこだわる
◆シングルタスク、シングルモードで集中する
◆生産性が高い人は、1日の予定に突発業務の時間を想定している
◆チャンクダウンとベビーステップで先延ばしせず、すぐやる
◆高密度PDCAを回す
2018年1月号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 最新号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
毎年内容が変わる限定CD(非売品)もプレゼント!!
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2018年1月号をご希望の方はこちら →→→
2018年1月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2018年2月号は1月22日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊26年目、第305号です。

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状