メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >> 2014年3月号のご案内
月刊トークス2014年3月号のご案内 月刊トークス2014年3月号のご案内
聴く!効く!
2014年3月号(第258号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第159号です。ありがとうございます。創刊22年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

2014年3月号をご希望の方は、こちら! →→→この号を購入する
奇跡の職場
★『新幹線お掃除の天使たち』で話題沸騰!

『奇跡の職場』

矢部輝夫(JR東日本テクノハートTESSEIおもてなし創造部長)著
あさ出版刊
1,400円(税別)
【キーワード】
◆仕事の範囲はお掃除だけにとどまらない
◆すべての仕事を「おもてなし」あるいは「サービス」と位置づけている
 お客様にとって、すべてのプロセスが旅の思い出につながるはずだからだ
◆「新幹線劇場」はテッセイの重要なキーワード
◆礼は駅のホームだけではなくお客様に見えないところでも行う
◆コメットスーパーバイザーを通じて間接的に自分の考えを伝える
◆「人の見る目が変われば本人も変わる」という思いで制服を変更
◆スタッフの誇りが、よい循環を起こしている
顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン
★プレゼンで、もっとも大切なことを学ぶ

『顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン』

新名史典(株式会社Smart Presen社長)著
同文舘出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆プレゼンは「よし! これでいこう!」というOKをもらうために行う
◆ヒアリングを重視し、相手の期待に応える
◆聞き手にとってわかりやすいストーリーを作る
◆資料への盛り込みすぎは危険。情報を整えよう
◆聞き手に参加してもらう、実体験してもらう工夫をする
◆自分自身を知り、よく見えるようにコントロールする
◆本番でしゃべる時間の10倍は練習する
◆相手が稟議書を通しやすいようにひと手間フォローする
営業ならもっと数字で考えなきゃ!
★黒字営業マンの言葉 赤字営業マンの発想

『営業ならもっと数字で考えなきゃ!』

香川晋平(公認会計士・税理士)著
あさ出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆人間は会った回数が多い人に好感を持つ
◆営業にとって最も生産性の高い時間は、見込客との面談時間
◆翌週のアポは、週前半の月・火をまず埋める
◆週後半のアポは、月・火のアポの合間に連絡や紹介で埋める
◆その他大勢と一緒になっていては営業成績は上がらない
◆クイックレスポンスでまず10点、これでお客様の心をつかむ
◆他人のためにどれだけ尽くせるかが、トップ営業マンの秘訣
◆リピートや紹介をいただくためには、お客様との間に信頼関係が必要
期待以上に応える技術
★最上級クレジットカード No.1コミュニケーターが教える

『期待以上に応える技術』

網野麻理(株式会社プライムコム社長)著
フォレスト出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆お客様に信頼される自分になって初めて、お客様の期待以上に応えられる
◆期待通りのサービス、期待を超えるサービス、究極のサービス
◆自社のファンを増やしたいと思ったら、まずは自分がファンになること
◆お客様からのご要望に対して、基本的に「ノー」と言わない
◆真の要望を汲み取る力を身につけることが一流のおもてなしにつながる
◆お客様のマニアになることが、最高のおもてなしにつながる
◆人が本心を語ったり、相手に心を許すまでには、何枚かの扉が存在する
◆目の前のお客様を「数多くいらっしゃるうちのお一人」だと思わない
2014年3月号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 2014年3月号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
毎年内容が変わる限定CD(非売品)もプレゼント!!
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2014年3月号をご希望の方はこちら →→→
2014年3月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2014年4月号は3月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊22年目、第259号です。