メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >>2013年6月号のご案内
月刊トークス2013年6月号のご案内 月刊トークス2013年6月号のご案内
聴く!効く!
月刊トークス2013年6月号(第249号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第150号です。ありがとうございます。創刊21年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

2013年6月号をご希望の方はこちら! →→→2013年6月号を購入する
突き抜ける経営
★勝てることを、できるサイズにして、実行する経営へ

『突き抜ける経営』

村上和徳(ハートアンドブレイン株式会社社長)著
TAC出版刊
1,400円(税別)
【キーワード】
◆まぐれではなく、勝つべくして成長しているか
◆飛行機と同じように、離陸して雲を抜けて成層圏へ突き抜けよう
◆経営の仕事は、「顧客創造」と「顧客価値創造」
◆「未来への投資」「カイゼン」「今日の仕事」への時間の振り分け方
◆経営コストを「浪費」に使わず、「投資」に使う
◆本質的な課題(顧客の笑顔の創出)に集中して時間を費やすこと
◆行動量こそが、質を高める
◆自社の繁栄を考えるのではなく、顧客の繁栄を考えるのが経営だ
読むだけですぐに売れ出す40の言葉
★サクッと読める「売れる名言集」

『読むだけですぐに売れ出す40の言葉』

竹内謙礼(経営コンサルタント)著
日本実業出版社刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆売れるためには、難しく考えないこと
◆お客さんの言葉は無視しても、お客さんの要望を上回るという努力をしろ
◆売れる商品を売れる場所に置くという、当たり前の改善を行おう
◆人は楽しいときには、お金のことはあまり考えないものだ。
 売り場や販促物は、「楽しい」「面白い」をコンセプトにして作ろう
◆キャッチコピーや文章に使われている言葉を数字に置き換えよう
◆商品名に地域名を入れると買われやすくなる
◆販促は、「すべてやる」という強い気持ちで臨もう
お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業
★ストレスフリーな営業をしよう

『お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』

前川あゆ(「共感」の営業プロデューサー)著
同文舘出版刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆相手にあった提案をすると、会話が弾み、お客様は商品が欲しくなる
◆「共感」の営業は、お客様と同じ立場、パートナーのようなイメージ
◆お互いが「ありがとう」と言える、売り手も買い手もハッピーな状態
◆ほんの少しだけ自己中になり、お客様を自分から選ぶ
◆「理想のお客様」への「理想の売り方」を考える習慣を持つ
◆「マニュアル営業」ではなく「オーダーメイド営業」
◆契約後も現場に行けば、お客様と関係を深め、リピートや紹介もいただける
◆「共感」の営業は、会社・店ではなく「あなた」と「お客様」が主役
出世ドリル
★一流の人になるためのドリル

『出世ドリル』

高嶋ちほ子(キャリアコンサルタント)著
PHP研究所刊
1,200円(税別)
 
【キーワード】
◆一流は、自分も他人も大切にする
◆成功するためには、根拠のない自信を持て
◆根拠のない自信を持つためには、自分が大好きでなければならない
◆自信の2つの要素:「自己肯定感」と「自己効力感」
◆自己肯定感を上げるために、ほめてくれる人(ホメター)を探そう
◆過去の成功体験を30個書き出す「成功のジグソーパズル」をやってみよう
◆困難をも乗り越えるために大義を持とう
◆一流の人は皆、いつも楽しく仕事をしている
2013年6月号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 2013年6月号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
毎年内容が変わる限定CD(非売品)もプレゼント!!
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2013年6月号をご希望の方はこちら →→→
2013年6月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2013年7月号は6月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊21年目、第249号です。